地域密着型ライフサポートnico

地域密着型ライフサポートサービスを専門家がご提供

訪問美容サロンnico お子様のヘアカット(西東京・武蔵野・三鷹 ライフサポート)

訪問美容サロンnico お子様のヘアカット(西東京・武蔵野・三鷹 ライフサポート)

こんにちは。訪問美容サロンnico市原です。

訪問看護ステーションnico管理者の津越所長のお嬢様の前髪を切らせていただきました。

2ヶ月ほど前に、長い髪をバッサリ、ボブに切らせていただいて以来のヘアカットです。

とってもチャーミングで、会った人みんながファンになってしまうかわいらしい3歳の女の子です。

 

津越所長からのオーダーは、“おかっぱ・ぱっつん”にならないように…

とのことです。

前回、ボブにカットした際も、おかっぱにならないよう、大人っぽいカットにしました。

お子様の髪型って、意外と難しいですよね。

お子様のヘアカット、特に前髪のポイントをお話ししたいと思います。

ぱっつん前髪のポイント

お子様のツヤツヤ髪をぱっつん前髪にするととってもかわいらしいですね。

今だからこそできる髪型だったりもしますね。

 

小顔に見せるなら、前髪の範囲を広くしすぎないのがポイントです。

両目の黒目から真上に上がって生え際にぶつかるところに挟まれた部分を前髪にすると、顔がきゅっと小さく見えます。

範囲が狭い感じがするかもしれませんが、切ると前髪が広がるので狭く切って徐々に広げるのがおすすめです。

その両脇1㎝くらいの範囲を前髪より少し長めに切ると、顔を包み込んでくれて、更に小顔効果があります。

髪を結んだ時にも、前髪の脇の髪があると、かわいらしく見えますよ。

 

逆に、今だからできる髪型として、前髪の範囲を広くしてしまうのもおすすめです。

子どもの顔は求心的なので、前髪を黒目の幅より広くしても子どもらしさが生きてかわいく見えるお子様もいます。

ほっぺのかわいらしさが生きます。

 

ぱっつん前髪に切るときのポイントは、

①前髪の範囲を決めたら、それ以外の髪をクリップやピンでしっかり留めます。

②厚みのある前髪なので、一気に切ろうとせず3~4回に分けて切ります。(おでこの生え際と平行に分けながら、1㎝幅で切っていくと切りやすいです。)

③自然に梳かした状態で、何mmくらい切るか決めて、その8割くらいを切るつもりで切っていきます。(短くなると、髪がふんわりして思ったより短くなってしまったり、調整しているうちにどんどん短くなってしまうのを防ぐため。)

④乾いた状態で!(寝ぐせなどはあらかじめ直しておき、切るときには濡らさず切ります。)

⑤まっすぐに切りますが、ハサミは縦に入れます。

ぱっつんにしないで短く切るポイント

目にかからないように眉上の長さに短く切りたいけれど、ぱっつんは似合わない、といった時におすすめなのが、山型の前髪です。

中央だけを短めに切って、山型に斜めに切ると、短くても自然な印象で、大人っぽく仕上がります。

基本の切り方はぱっつんと同じですが、切るときのポイントは、

①まずは、真ん中1㎝幅をつまんで、少し短めに切ります。(ハサミは縦に入れて、ザクザク感が出るように。)

②左側の髪を斜め45度に挟んで持ち、中央からつなげて切っていきます。(ここでもザクザク)

③毛先をすきばさみで軽くします。

山型前髪は、髪が少なめのお子様や、くせ毛のお子様におすすめです。

 

 

お子様によって似合う前髪もそれぞれです。

なんだかうまくいかない、という時の参考にしていただければと思います。

 

訪問美容サロンnicoでは、子育て中の皆さまを応援しています!

小さいお子様がいてなかなか外出できない方のご自宅にお伺いしてヘアカットさせていただきます。

こちらもぜひご覧ください。↓↓

《子育て応援とうきょうパスポート》

お子様と一緒にカットできるメニューもございます!

 

 

 

東京都武蔵野市の吉祥寺近郊や、西東京市、三鷹市で訪問美容サービスをお探しでしたら、訪問美容サロンnicoにご相談下さい。
その他、都内であれば対応可能な地域もありますので、お気軽にご連絡下さいませ。