地域密着型ライフサポートnico

地域密着型ライフサポートサービスを専門家がご提供

訪問美容サロンnico スタイリング剤の選び方①(吉祥寺 ライフサポートnico)

こんにちは。訪問美容サロンnico市原です。

今回はスタイリング剤の選び方についてお話いたします。

毎シーズン新しいタイプのスタイリング剤が出て、選ぶのが大変ですね。

しかも、使ってみないと合う合わないがわからないのも困ります。

そこで、ヘアスタイルや髪質によっておすすめのスタイリング剤や選ぶ時のポイントをお話いたします。

スタイリング剤は水分と油分のバランスで使い心地が変わります。

簡単に言うと、水分の多いものは軽い質感、油分の多いものは重い質感になります。

あとは、固める成分(ポリマーなど)の量でホールド力が変わります。

代表的なスタイリング剤で比べてみましょう。

  • ヘアスプレー
  • ヘアオイル
  • バーム
  • グリース
  • ヘアワックス
  • ヘアクリーム
  • フォーム
  • ジェル
  • ミスト、ローション

等があります。

上から順に水分が少ないタイプになっています。

逆に、下に行くほど水分の配合量が多くなります。

髪の中には濡れると切れて乾くとつながる水素結合というものがあるので、濡れると形がリセットされ、乾くとキープされます。

ですから、ブローした形を崩したくないときは水分の少ないものをお選びいただき、寝グセを直しながらセットしていきたい時などは水分の多いタイプが合っています。

では、順に使い方をご説明していきます。

ヘアスプレー

ヘアスタイルをキープするハードタイプ、軽い質感で束感を作るスプレーワックス、艶と滑らかな指通りをプラスする艶出しスプレーなどがあります。

細かい霧状に出るので、薄付けしやすく、軽い質感なのが特徴です。

細い髪やペタッとしやすい方は重くならずに使いやすいと思います。

水分が配合されていないものが多いので、ヘアスタイルを作った仕上げに使います。

一か所に長くスプレーせず、手を動かしながら全体に付けましょう。

強力なハードスプレーは、素の髪に直接つけるとシャンプー時に洗い流しづらくなることがあるので、ヘアワックスなどを付けた上から重ね付けがおすすめです。

私は、ヘアワックスで形を作った後、スタイリングの仕上げにハードスプレーを全体にかけています。

夏場は、日焼け止め効果の高い艶出しスプレーも併用しています。

〈おすすめの使い方〉

  • ハードスプレー

・ブローの仕上げ

・根元の立ち上がりをしっかり作りたいとき

・ヘアスタイルを長時間キープしたいとき

  • スプレーワックス

・時間が経つとペタッとしやすい髪質の方

・ミディアム~ロングヘアの空気感のある動きを出したいとき

・ヘアアイロンで作った巻き髪の仕上げ

  • 艶出しスプレー

・ストレートヘアに艶を出したいとき

 

 

残りのスタイリング剤は次回以降お話いたします。

東京都武蔵野市の吉祥寺近郊で訪問美容サービスをお探しでしたら、訪問美容サロンnicoにご相談下さい。
その他、都内であれば対応可能な地域もありますので、お気軽にご連絡下さい。