地域密着型ライフサポートnico

地域密着型ライフサポートサービスを専門家がご提供

訪問美容サロンnico ドライヤーの大切さ (吉祥寺 ライフサポートnico)

こんにちは。訪問美容サロンnico市原です。

皆さまは、髪を洗った後、ドライヤーはお使いでしょうか。

  • 時間がかかる
  • 面倒くさい
  • 髪が傷みそう

このようなお悩みをよく耳にいたします。

毎日のことで面倒かもしれませんが、コツさえわかれば時間をかけずにヘアスタイルをワンランクアップできますよ!

ドライヤーの大切さ

「髪が傷みそうだから、ドライヤーは使っていないの!」

こういったお客様が多くいらっしゃいます。

ドライヤーは熱と風で髪を乾燥させるので、使い方によってはダメージの原因になります。

しかし、ドライヤーは美しい髪とヘアスタイルを保つのに大切なんです!

濡れた髪はとてもデリケートでダメージを受けやすい状態です。

髪の表面を覆っているキューティクルという保護膜が開いた状態になり、髪の内部の成分や栄養分が抜け出やすくなっています。(イラスト右)

また、水分を吸って開いたキューティクルは、摩擦に弱く、こすれると剥がれ落ちてしまいます。

髪の表面を覆っているキューティクルは髪を保護するだけでなく、手触りを滑らかにしたり艶を出すのにも重要です。

濡れた髪を、ドライヤーをかけずに自然乾燥してしまうと、キューティクルが開いた状態のまま乾いてしまいます。

濡れた髪がそのまま乾いてしまったときに、髪がざらざらしたり手触りが悪くなったことはございませんか?

それはキューティクルが開いているからです。

更に、キューティクルが開いたまま乾いてしまった髪は、髪の内部の成分がどんどん抜け出てしまい、どんどんダメージが進行してしまいます。

濡れた髪のキューティクルをピタッと閉じながら乾かすのがドライヤーです。

キューティクルがピタッと閉じれば、髪の内部がしっかり保護されるだけでなく、手触りも良く、艶やかに仕上がります!

 

実は、私もドライヤーが壊れて使えず自然乾燥していた時期がありました。

当時の私は、黒髪のショートカットで、ダメージとは無縁なはずでした。

しかし、自然乾燥を続けていたところ、毛先が枝毛になりぷちぷちと切れ毛までしてしまいました。

濡れたまま寝てしまう日もあったので、枕に当たる後頭部の髪はひどいことになっていました…

肌もデリケートなため、頭皮が乾燥してかゆみとフケも出てしまい、こんなにも影響が出るのか!と非常に驚きました。

 

頭皮も自然乾燥では乾燥してしまうんです。

水分が蒸発するときに、頭皮の水分も一緒に持っていってしまうのだそうです。

また、濡れたままにしておくとバクテリアが繁殖し、かゆみや皮膚トラブル、臭いの原因にもなります。

ドライヤーの大切さ まとめ

ドライヤーは正しく使えば、健康で美しい髪を保つのに大切で、皮膚トラブルも防ぎます。

髪を洗ったら、素早く乾かして、美しい髪とヘアスタイルをキープしましょう!

次回は、ドライヤーの下準備についてお話いたします。

 

東京都武蔵野市の吉祥寺近郊で訪問美容をお探しでしたら、訪問美容サロンnicoにご相談下さい。
その他、都内であれば対応可能な地域もありますので、お気軽にご連絡下さい。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)