地域密着型ライフサポートnico

地域密着型ライフサポートサービスを専門家がご提供

訪問美容サロンnico 正しいシャンプーの方法 (吉祥寺 ライフサポートnico)

こんにちは。訪問美容サロンnico市原です。

シャンプーの選び方、シャンプーの効果に続き、正しいシャンプーの方法について書きたいと思います。

以前の記事をまだご覧になっていない方は、ぜひお読みください。

《シャンプー選びのご相談》

《シャンプーの効果》

間違ったシャンプー法では髪や頭皮を傷つける恐れがあります。

しかし、正しい方法でシャンプーをすれば、素晴らしい美容法にもなります。

まずはしっかりすすぎ

まずは、お湯でしっかりとすすぎます。

お湯だけで、汚れの8割は落ちるとも言われます。

水に溶ける汚れや埃を流し、またしっかりと水分を行き渡らせることで、シャンプーの泡立ちが良くなり、ダメージを抑えてきれいに洗うことができます。

お湯で頭皮を洗うイメージで、シャンプーをするときと同じように頭皮にしっかり指を通して流しましょう。

シャンプー剤は手で泡立ててから

しっかりとお湯ですすいだら、シャンプー剤で洗っていきます。

手に取ったシャンプー剤をそのまま髪につけてしまうと、ムラになってしまいます。

まずは手のひらで泡立ててから、髪全体になじませましょう。

しっかりと泡立てる

シャンプー剤をなじませたら、しっかりと泡立ててから洗いましょう。

泡立ちを良くするポイントは、水分と空気をたっぷり含ませることです。

水分はどんどん毛先に落ちていくので、地肌だけでゴシゴシするより、毛先の水分を巻き込みながら泡立てます。

また、指を開いて大きく大きく動かすと、空気が入って泡立ちが良くなります。

スタイリング剤などで泡立ちが悪い場合は、無理してゴシゴシせず、一度軽く洗い流してから、再度シャンプー剤をつけて泡立てましょう。

シャンプーは下から上に

いよいよ洗っていきます。

爪は立てず指の腹で、五本の指を全部使って洗います。

意外と、指を三本ほどしか使っていない方が多いです。

地肌に指の腹をしっかり当てて生え際から頭頂部に向かって、下から上に向かって洗ってください。

髪は、基本的には下向きに生えています。

下向きの髪と毛穴を、流れに逆らうように下から上に洗うことで、毛穴の奥の汚れまで落としやすくなります。

頭皮を指で塗りつぶしていくイメージで、塗り残しがないように洗ってください。

生え際や耳の裏は洗い残しやすいので注意してください。

仕上げにマッサージしながら洗うと、毛穴の汚れも浮き上がり、血行促進もされるのでおすすめです!

生え際から頭頂部に向かって、頭皮をぐりぐりと揉むようにしながらマッサージしていくと、汚れも落ち、頭皮のコリもほぐれ、リフトアップも期待でき、一石二鳥、三鳥です。

最後のすすぎもしっかりと

泡がなくなったらすぐにすすぎを終えていませんか?

実は、それだけではシャンプーの成分やせっかく落ちた汚れが流れきっていないんです。

すすぎが甘いと、フケやかゆみの原因になってしまいます。

泡がなくなったら、もう一度同じ時間をかけて流すようにしましょう。

はじめのすすぎと同じように、しっかり指を通して流してください。

トリートメントは毛先に

トリートメントは、髪をコーティングして保護する役割があります。

地肌用の特別なもの以外は、髪だけにつけるようにしてください。

ダメージしているのは根元の髪より毛先です。

根元から毛先までコンディションを均一にするように、トリートメントは毛先中心につけましょう。

トリートメントは、シャンプーとは反対にすすぎ過ぎに注意です。

滑らかさが残る程度に流してください。

正しいシャンプーの方法まとめ

はじめと終わりのすすぎをしっかり、シャンプー剤はしっかりと泡立ててから洗いましょう。

指の腹を使って下から上にマッサージするように洗うと、リフトアップ効果も期待できます。

いつも何気なくしているシャンプーの仕方を少し意識するだけで、毎日できるセルフケアに変わります。

今までの習慣を一気に変えるのは大変です。

気になったところをひとつずつでも取り入れて、無理なく続けていただければうれしいです。

 

東京都武蔵野市の吉祥寺近郊で訪問美容をお探しでしたら、訪問美容サロンnicoにご相談下さい。
その他、都内であれば対応可能な地域もありますので、お気軽にご連絡下さい。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)